卑劣極まりないバールこじ開けは鍵屋のサービスで阻止できる

鍵屋で依頼するバールこじ開け対処

ドア

バールで玄関ドアをこじ開けられたら、まずは警察に相談することが大切です。警察に相談した後は、鍵屋に依頼して、鍵修理やドア交換を行ないましょう。鍵交換をすれば、防犯性を高めることができます。

日本で横行する空き巣手口!バールこじ開け

不正侵入の中でも、バールこじ開けは強硬手段になるので、一般的な空き巣対策だと、方法によっては意味をなさない場合があります。鍵屋に依頼して、バールこじ開けに効果的に対策できる鍵を取り付けてもらいましょう。

補助鍵
補助錠を取り付けるだけで、バールでのこじ開けには時間がかかります。空き巣は、侵入に時間がかかると諦めることが多いので、時間を稼げる補助錠はとても効果的と言えます。補助錠は、ノブタイプの錠前やレアー式錠前、電池リモコン錠などさまざまなタイプがあります。鍵屋に相談して取り付ける場所や目的に合ったタイプを選ぶと良いでしょう。
デッドボルト・隙間対策
補助錠と一緒に取り付けておきたいのが、ガードプレートです。ガードプレートを取り付けることで、デットボルト周辺をガードすることができます。そのためバールで錠前をこじ開けるのがとても難しくなるのです。バールが入るような隙間を作らないだけでも、十分なこじ開け対策になります。

ほかにもあった恐怖の手口!その対策も知っておこう

鍵屋に依頼して防犯性が高い鍵やドアに交換してもらうだけでも、防犯対策になります。

合鍵
合鍵を花瓶の下やポストの中に隠しているという人がいますが、その合鍵を見つけられると簡単に泥棒に侵入されてしまいます。家族の都合上、家の近くに合鍵を置かなければいけないという場合は、暗証番号式の鍵に交換すると良いでしょう。暗証番号式なら、鍵を持たずに開閉ができるので、小さいお子様がいる場合でも便利に使えます。
玄関からのガラス割り
玄関がガラスになっていると、ガラスを割り、サムターンを回して侵入されることがあります。ドア交換をしてガラスタイプじゃない物にしたり、ドア修理をして頑丈なガラスに変えたりすることで対策できます。自分で防犯フィルムを貼って、ガラスが割られるのを難しくすることも可能です。
ドリリング
電動ネジを使って、鍵穴を破壊して不正侵入する手口のことを、ドリリングと言います。シリンダーに傷がついたり、ドアが大きなダメージを受けたりするので、鍵修理が必要になることもあります。対策としては、プロテクター付きのプレートがあるシリンダーを使うという方法があります。破壊にかかる時間を長引かせ、侵入を諦めさせる効果があります。
TOPボタン