家づくりから泥棒対策してみよう~鍵屋によるこじ開け防止~

もう被害にあわない!泥棒に嫌われる家作り

家には、泥棒に入られやすい家と入られにくい家があります。泥棒に嫌われる家にして、被害に遭わないようにしましょう。

光があることで、誰かに見られているというプレッシャーを与えられます。玄関の門灯を付けっぱなしにしたり、センサーライトを活用することで、光による防犯対策ができます。
音を活用した防犯対策もできます。家の中から音がすると、侵入者に誰かに気づかれてしまうと思わせることができます。テレビやラジオをつけているだけで、泥棒は侵入しにくくなりますし、防犯ブザーを使って追い払うということもできます。
監視カメラやホームセキュリティ
防犯対策というと、監視カメラやホームセキュリティなどを思い浮かべる人が多いですが、このような光や音でも対策することは可能なのです。

こじ開けの対策

現在不正侵入の中で最も多い侵入手口が、こじ開けです。こちらも対策をとっておくことで効果的な防犯対策になります。鍵屋に依頼すれば、被害に遭いにくい家づくりが可能です。

こじ開けの被害に遭わないようにするにはどんな対策が有効ですか?
こじ開けの対策法として効果的なのが、室内格子や面格子、補助錠の取り付けです。鍵屋に依頼することで、このようなこじ開けの対策を行なってもらうことができます。しかし、中には、面格子を取り付けできない窓を狙ってくる泥棒もいるので注意しましょう。
窓

防犯ガラスだから安心している方もいますが、こじ開けの場合は、ガラスを破壊せずに侵入するので効果は無いのです。防犯フィルムも同じように効果がないので、すぐに対策するべきです。

TOPボタン